私の妊娠カレンダー

PDF Embedder requires a url attribute

妊娠中のお食事 ママ教室用

PDF Embedder requires a url attribute

妊娠悪阻

妊娠悪阻は,制御不能の嘔吐より脱水,体重減少( > 5~10%)、尿中ケトン体(ケトーシス)、電解質異常、軽度の一過性甲状腺機能亢進症*を引き起こすことがある。

原因:Estrogen, β-hCG値の急激な上昇。
嘔吐は通常妊娠5週頃に発生し,9週頃にピークを迎え,16~18週に消失す。

検査:尿中ケトン体,血清電解質,および肝腎機能の測定。

治療:必要時経口摂取の一時的な中止,その後徐々に再開する場合もある。また、必要に応じて輸液,チアミン(Thiamin, Vit.B1:ウェルニッケ脳症とLactac acidosis の予防),ビタミンB6(Pyridoxine, つわりの症状を緩和する),マルチビタミン,電解質, 制吐薬(母子に有害事象は報告されていないが、..プリンペランは国内広く使用されている。)など。

重症時:妊娠16~18週を過ぎても持続する妊娠悪阻はまれであるが,肝臓障害を与え,重度の小葉中心部の壊死,または広範な脂肪変性,およびウェルニッケ脳症または食道破裂を引き起こすことがある。

(ジアイナミックス:ビタミンB1・B6・B12複合剤)
(プリンペラン:消化管中枢に作用し、消化器の機能的反応ないしは運動異常の改善によるものです。中枢性の嘔吐、末梢性の嘔吐いずれに対しても効果を発揮するとされています)

*軽度の一過性甲状腺機能亢進症    妊娠初期一過性甲状腺機能亢進症と妊娠時発症バセドウ病との鑑別が必要です。妊娠初期一過性甲状腺機能亢進症は妊娠7〜15週にピークを示すヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)が、甲状腺ホルモンの合成・分泌を促進することにより出現します。文献よりhCG濃度が50,000 – 75,000IU/Lを超えると甲状腺ホルモン過剰産生、200,000以上ではTSH値が抑制される。(上條桂一先生)

新型出生前診断を実施している医療機関(九州)

PDF Embedder requires a url attribute

その他