理事長 大川欣栄

医療法人大川産婦人科病院
理事長 大 川 欣 栄
K.E.Okawa MD,PhD

東京大学産婦人科医学博士
大分大学医学部臨床教授

日本産婦人科学会専門医・指導医
米国医師国家試験ECFMG合格
健康保険・優生保護法指定医
厚生省認定臨床修練指導医
厚生省認定麻酔標榜医
新生児蘇生法専門コース(A)

前 東京大学病院産婦人科医師
  大分医科大学産婦人科医局長
  大分県立病院産婦人科副部長
  大分県立病院癌センータ婦人科副部長
大分県産婦人科医会大分市地区理事
平成 28 年度産科医療功労者厚生労働大臣表彰

御挨拶
拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。  
さて、この度、ゆとりの空間と最新医療設備の中で最善の女性健康管理と新しい生命の誕生をお手伝いするべく,平成10年7月1日に大分市末広町2丁目に病院を新築移転しました。移転先はJR大分駅から5分ほどの距離ですので、どうぞお気軽にお立ち寄り下さいますようお願い申し上げます。
これを機に、スタッフ一同力合わせ、ハード面のみならずソフト面でも着実な歩みを進め、科学的でかつ親切な医療を普及することを目的とし、地域医療母子保健に尽力致したいと存じます。今後とも変わらぬご指導、ご厚情を賜りますようお願い申しげます。

OKAWAは“誕生”のパートナーです。
小さな尊い生命があなたのお腹の中で、大きな夢をみながら一生懸命育ちはじめました。この大切な生命を無事お母さんの胸に迎えることができる様にスタッフー同全力を尽くしてお世話いたします。
新しい大川産婦人科では最新の医療と技術を備えておりますので、快適な空間と優雅な雰囲気の中で安心して御入院いただけます。 あなたの期待に応えるべく最善の努力を重ね新しい生命の誕生を、御手伝いいたします。
なお、入院生活において不安なこと、お気付きの点がございましたらいつでも御相談下さい。

病院の特色
★最新の分娩総合監視システム  
母体・胎児情報を1対1に対応したセントラルモニタシステムと自動胎児診断補助装置で、情報収集・解析し分娩の最新情報を把握できるように設備を整えております。

★マタニティビクス  
スタジオ(Studio Moon Rive) の設置及びインストラクターの養成によりマタニティビクスを導入しております。(マタニティビクスは、妊婦さんのために、より爽やかなマタニティライフと素晴らしい出産の助けとなるように開発された、安全で効果的なエクササイズです。)

★LDR
Labor(陣痛)、Delivery(分娩)、Recovery(回復)を1つの部屋、1つのベッドで行う出産体制は、近年欧米産科領域の主流になってきました。LDRシステムは、リラックスできる温かい零囲気の部屋で、産婦や家族のプライバシーを守り、且つ移送の省力化により、充実した助産・看護体制がとれます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は b_ani020.gif です

院長 森田哲夫

「資格」
日本産科婦人科学会産婦人科 専門医
日本乳癌学会 認定医
日本産婦人科乳腺医学会 乳房疾患認定医・評議員
日本乳癌健診学会 評議員
検診マンモグラフィ読影認定医
乳がん検診超音波検査実施・判定医師(A判定)
健康保険・優生保護法指定医

「所属学会」
日本産婦人科学会
日本乳癌学会
日本産婦人科乳腺医学会
日本乳癌検診学会
日本不育症学会
日本周産期・新生児医学会
日本生殖医学会

「略歴」
 大分上野丘高校卒業
 大分医科大学卒業
 大分医科大学大学院 医学博士
 帝京大学産婦人科助手
 帝京大学 総合周産期母子医療センター
 大川産婦人科病院 副院長 
 大川産婦人科・高砂 分院院長
 大川産婦人科病院 院長

医療法人大川産婦人科病院 院長 森田哲夫 
Tetsuo Morita MD, PhD
大分大学産婦人科医学博士

理事長 大川欣栄から紹介 謹啓 新しい世紀を迎え 皆様ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
当病院の運営に当たりましては 平素より格別のご高配を賜り哀心より厚く御礼申し上げます。
平成十三年一月より当法人 大川産婦人科病院副院長として森田哲夫先生にご就任頂きました。
森田先生は東京都総合周産期母子医療センターにて周産期医学及び乳房腫瘍の分野において深く研鑚し幅広くご活躍なさっていました。
大変心強く存じております 全職員一丸となって 更に二十一世紀の周産期医療の推進に努力して参る所存でございます
何卒 尚一層のご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます  まずは 略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。

「ご挨拶」
「すべての女性に幸せに生きていただく」ことをかなえるために、大川産婦人科病院は医療に取り組んでいます。今日までの当院の歩みは、一つ一つの命の幸せをかなえるために取り組んできた道のりです。
大川産婦人科病院はひとりひとりの女性に満足していただけるため、そして正確な医療ときめ細やかなサービスをお届けすることはもちろん、社会に対しても責任をはたしていきます。
大川産婦人科が皆さまにとってかけがえのない存在となりますように、患者さまとご家族、すべての人が「幸せ」でありますように、努力してまいります。

副院長 馬場眞澄

「学歴」 昭和37年生 大分県大分市出身 防衛大学校航空工学科卒業 大分医科大学医学部卒業

「略歴」 大分県立病院産婦人科副部⾧ 大分市医師会立病院 地域周産期母子医療センター⾧ 産科婦人科統括部⾧兼産科部⾧

「専門分野」 産婦人科全般、周産期医療、婦人科腹腔鏡
「趣味」 バイオリン 、 (時にチャリティー演奏会出演) スキューバダイビング、スノーボード

医療法人大川産婦人科病院
副院長 馬場眞澄
Masumi Baba MD.
日本周産期学会専門医/指導医
日本腹腔鏡技術認定医

理事長大川欣栄より紹介
平成30年8月1日より新たに着任された 医療法人大川産婦人科病院・末広/高砂副院⾧ 馬場眞澄先生 をご紹介させて頂きます。 馬場先生は大学卒業後、大分県立病院と大分市医師会立アルメイタ病院で、産科の周産期医療、母体救 急救命と婦人科の腹腔鏡手術、開腹手術を数多く経験し、大分県の産婦人科地域医療に多大な貢献をさ れてきました。そして多数の症例経験より多方面の専門医指導医を取得し、医療従事者への指導にも携 われています。馬場先生は常に最良の医療を追求しつつ情熱と親しみをもって産婦人科医療に取り組ん でおられます。皆様からも御指導御支援賜りますようお願い申し上げます。

「資格」 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医 日本周産期・新生児医学会母体・胎児暫定指導医・専門医 日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法 「専門」コースインストラクター 厚生労働省医政局⾧認定臨床研修指導医 母体保護法指定医師 日本救急医学会認定 ・ コースインストラクター ICLS BLS 日本母体救命システム普及協議会ベーシックコースインストラクター

「馬場眞澄先生御挨拶」 県内基幹病院の大分県立病院と大分市医師会立アルメイダ病院で、26年間産科の周産期医療、母体救 急救命と婦人科の腹腔鏡手術、開腹手術に携わってまいりましたが、この度医療法人大川産婦人科病院 副院⾧を拝命しました。⾧く地域の皆様に支えられてきた大川産婦人科病院の一員となり、地域の皆様 のお役に立てるよう邁進する所存でございます。 産科診療におきましては、優しさと親しみやすさをモットーに、患者様へ安全で安心できる妊娠と分娩 管理を提供させていただきたいと励んでいきます。婦人科につきましては、1000 例以上の腹腔鏡手術の経験を生かし、患者様の妊孕性の改善、 向上のためにさらなる研鑽に努めていきます。どう Quality of life ぞお気軽にご相談ください。

副院長 大川彦宏

[専門分野] 
産婦人科全般、周産期医療、生殖医療(タイミング療法、人工授精、体外受精、胚移植など)

大川産婦人科病院 副院長
大川産婦人科・高砂 副院長
大川彦宏
Hikohiro Okawa MD, PhD.

「資格」
日本産科婦人科学会 専門医・指導医
九州大学医学博士

「所属学会」
日本産婦人科学会
日本周産期・新生児医学会
日本生殖医学会
日本超音波医学会

ご挨拶」 
この度、大川産婦人科病院 副院長に就任することとなりました。これまでと同様、患者様一人ひとり丁寧に診療を行うことを心掛け、取り組んでまいります。お困りのことございましたら、遠慮なくご相談ください。

「学歴」
久留米大学 医学部医学科卒業
九州大学大学院 医学博士
研究分野:胎児行動学・胎児中枢神経学

「略歴」
九州大学医学部 婦人科産科学教室入局 以下歴任:
大分県立病院産科婦人科、九州大学病院産科婦人科、福岡市立こども病院新生児科、北九州市立医療センター産科婦人科、大分大学医学部附属病院産科婦人科

2017年 大分県立病院 産科婦人科主任医師
2019年 大分大学医学部附属病院 産科婦人科 助教 副外来医長
2020年 4月 大川産婦人科病院 副院長に就任

高砂分院院長 有村賢一郎 

所属学会
日本産婦人科学会・専門医
日本生殖医学会 日本受精着床学会 婦人科腫瘍学会 他

大川産婦人科・高砂 院長
有村 賢一郎
Kenichiro Arimura MD

略歴
鹿児島県大口市(現伊佐市)生まれ
4歳東京移住
帝京大学医学部卒業
帝京大学医学部産婦人科教室入局
帝京大学医学部産婦人科 医局長
東京都 山王病院 リプロダクションセンター研修(センター長藤原敏博先生)
東京都 池下レディースクリニック広小路(ARTセンター)副院長
大川ARTセンター長
大川産婦人科・高砂 院長

大川ARTセンター長として5年間「妊望外来(妊娠を望む外来)」として努めてまいりました。希望がかなった方がいる一方で力およばなかった方もいらっしゃいます。
妊娠と出産は、医療の力だけではどうしようもできないことがあります。自分ができることは、妊娠を希望される御夫婦と一緒に考え・悩み・努力する事です。その結果、赤ちゃんが来てくれて妊娠に至ると思っています。不妊治療とは赤ちゃんが来てくれるきっかけを作る医療ではないでしょうか。妊娠できるか判断できる検査はありません、そのため妊娠を希望される方は早く受診していただかないとできる事がなくなります。若いからとか結婚したばかりだからと言って時間だけが過ぎてしまう事が問題です。
今後は、大川産婦人科高砂院長として今まで以上に患者様御夫婦と共に努力して参りたいと思っております。               敬具
                           有村 賢一郎

医師 廣田佳子

大川小児科・高砂 院長 藤田桂子

院長 藤田桂子 御挨拶
子どもはこれからの日本と世界を担う、みんなの宝です。その子ども達が安心してできるだけ怖がらずに受診できる雰囲気のクリニックでありたいと思います。私自身、地元大分出身の2児の母として、保護者の方のお気持ちも考えながら垣根のない診療を心がけています。病気のことだけでなく、育児や離乳食など、できるだけ遠慮せず、ご心配なことはなんでも気軽に相談して下さい。

大川小児科・高砂 院長
藤田桂子 KeiKo Fujita MD.,PhD.
九州大学医学博士
大分大学小児科学臨床教授

「略歴」   昭和44年大分県大分市出身 大分上野丘高校卒業 
大分医科大学医学部医学科卒業
九州大学医学部小児外科学教室入局 同大学助手
九州大学医学博士号取得
福岡市立こども病院、国立病院機構九州医療センター、麻生飯塚病院を歴任
英国シェフィールド大学病院臨床研究員
大分県立病院小児外科副部長    大分大学医学部小児科教室心臓超音波研修
「家族」夫、子ども2人
「趣味」デコ弁づくり、パン作り、ジュニア野菜ソムリエ、海外ドラマ
「所属学会」
日本小児科学会、日本小児科医会、日本周産期新生児学会、日本小児外科学会専門医、日本外科学会専門医、日本外科代謝栄養学会・評議員、日本内視鏡外科学会、日本移植学会、日本静脈経腸栄養学会
「診療内容」
乳児健診、予防接種、一般外来:消化器、呼吸器、 感染症、アレルギー、腎泌尿器、便秘等、なんでもご相談下さい。(一般外来は診療時間中、随時可能。電話、インターネット予約すれば待ち時間は少なくなります。)
大川小児科・髙砂 院長 藤田桂